iPhoneの初期化ちょっと待った!!【2022最新】iリンゴループ!起動不良の原因が容量不足なら復元・初期化なしで直す方法!最後の頼みの綱はDr.Foneで解決。

iPhoneの初期化ちょっと待った!!【2022最新】iリンゴループ!起動不良の原因が容量不足なら復元・初期化なしで直す方法!最後の頼みの綱はDr.Foneで解決。

こんにちはグラフルです。今日はリンゴループに悩んでいるそこのあなたに僕がリンゴループから抜け出せた体験談をお伝えします。初期化する前にちょっとお時間をください。これさえすれば貴重なデータが消さなくても大丈夫かもしれないのでぜひ試してください。

ボクは、【iPhone11Pro】でリンゴループに陥りましたが初期化なしで復活することができました。ちなみに原因は容量不足の状態で再起動したことが原因だと思います。再起動後からリンゴマークから進まないiPhoneをみて目をを疑いました。正直お先真っ暗になりました。4歳と2歳になる子供の生まれた時からの記録がーーーーー(´;ω;`)

iTunesにバックアップしていればなんて思うのは後の祭りでした。

めんどくさがりだったのでバックアップはまた今度また今度って後回しにしていた自分を恨みました。奥さんからも冷たい視線がグサリ!!

これは早く回復の糸口をつかまないといけないと思ったのが2022年4月29日のことです。

 僕がリンゴループから抜け出せた解決方法は
ワンダーシェア社製のDr.Fone を最終的に使って直しました!!
そこに至るまでの対処方法も記述していますので試してください!!
 

この記事ではボクが実際に行ったリンゴループの解決の糸口をご紹介します。

そもそもリンゴループとは??

iPhoneユーザーなら誰もが目にするリンゴの形をしたAppleの企業ロゴ。

Apple製品は起動時にリンゴマークのみをシンプルに表示します。

リンゴマークが表示されている間に端末の起動を行い、その後画面が移り変わる仕組みになっているのですが、その過程で何らかのエラーが起こり、何度もリンゴマークの表示へ戻ってしまうことがあります。

そのエラーのことを俗に「リンゴループ」と呼びます。

一度リンゴループに陥ってしまうと、改善するまで起動できません。

リンゴループを直すまでiPhoneが使用できなくなってしまうのは困りますよね。

直し方を知るために、まずはその発生原因について理解しておきましょう。

iPhoneのリンゴループの発生原因

iPhoneのリンゴループは何の前触れもなく突然起こることが多いトラブルです。

発生する原因は様々ありますが、いずれも大きな前兆が感じられないため、何の心構えもできていない状態で突然iPhoneが使えなくなってしまうこともあるでしょう。

しかし、原因を知っておくことで、直前に行った作業が原因ではないか?と考えることができるようになり、冷静に対処できるようになります。

リンゴループの主な発生原因は次の5つです。

タイトル
  • iPhone本体の基板故障が原因
  • ソフトウェアの不具合
  • アップデートの失敗
  • 物理的な破損で起こる
  • iPhoneの空き容量不足僕の場合はこれが原因と思います
    ※僕の場合iPhone11proでしたがそれ以外の端末でもトライしてみてください。

iPhoneのリンゴループの基本的な対処方法

ではどうやって直したのかという事ですが、

その前に基本的な対処方法があるのでご紹介します。

①放置で直す。

色々さわってみて直すのが心配という方は一日放置してみることで稀に治る可能性があります。ただごくまれなので直る可能性は非常に低いので期待しないでください

②電池切れの可能性

ただ単に電池が切れてて起こっている現象かもしれないので充電機に接続して復活するか待ってみる。ん。

③パソコンに接続してiTunesにつなげてみる

iTunesにつなげて直す方法は色々ありますが繋げたら直る可能性もあるそうです。

アップデートを選択する=これに成功するとデータそのままで復活する可能性があります。

復元=これはデータが初期化されて消えてしまうので現段階では選ばないでくださいね。

④SIMカードを抜いて再起動してみる

通信環境の問題でリンゴループになっている可能性があるのでSIMカードを抜いて強制再起動してみることで復活することもあるそうです

まずは専用のピンを指しておくに押し込むことでSIMカードが出てきます。

SIMカードが抜けたら次に再起動する方法です。

①音量を上げるボタン押してすぐに離します
②次に音量を下げるボタンを押してすぐに離します
③最後に再起動する(Apple ロゴが表示される)まで電源ボタンを長押し
コツは再起動が始まるまで電源ボタンを押し続けるコトです。スライダを使うと普通に電源オフになるだけですよ。(もちろんそれはそれでOK)

何度も再起動してみてください。何回も試みている間にホーム画面まで進むことがあるそうです。

⑤ほかの端末から電話をかけてみる

ほかの端末から電話をかけることでもしかかれば復活することもあるそうです。

⑥セーフモードで起動してみる

セーフモードというのは診断モード。修理したりする場合に行うモードです。

セーフモードで起動する方法

【手順①】iPhoneの電源をオフにする
iPhoneをセーフモードで起動させるにははじめに、iPhoneの電源をオフにする必要があります。iPhoneが不具合でオフにできない場合はオフにする方法はないので、iPhoneのバッテリーがなくなるのを待つか

【手順②】音量の+ボタンを押したまま電源ボタンを押す
iPhoneの電源をオフにして、画面表示が消えたことを確認したら、iPhoneの音量+ボタンを押したまま、iPhoneを起動させよう。

【手順③】リンゴマークが表示されたら電源ボタンを押すのをやめる
iPhoneを起動して、画面にリンゴマークが表示されるまで電源ボタンは押したままにする。なお、音量+ボタンはまだ押したままにしましょう

【手順④】ホーム画面が表示されたら音量の+ボタンを押すのをやめる
iPhoneの画面にホーム画面が表示されたら、音量+ボタンを離して大丈夫です。

 

 

すると、セーフモードで起動するとインストールしたアプリが使えない状態で起動するのですがセーフモードで起動したら直る可能性もあるそうです。

⑦完全放電する。

放置して電池をすべてなくなった状態で充電して起動してみる。これで直る場合もあります。


ここまでやりましたがボクは直りませんでした。ここまでで直った人はここからの内容は見ないでいいと思います。まだ直っていない人はぜひ僕のやった方法と同じ方法を試してみてください。

この時点で最悪のケースも想定してソフトバンクとアップルストアに連絡したら、

SOFTBANKの回答:機種変更しか対応はできません。

アップルストアの回答:iPhoneを工場出荷の状況に初期化するしかないですね

との回答をいただき、初期化はしたくないんですという強い願いも届きませんでした。

なんとかそれだけは避けたいという藁をもすがる気持ちで、少し冷静に考えました。

僕がリンゴループから抜け出し方というと、まずボクは仮設を立てました。

仮説は、容量を使いすぎてパンク状態になった。その後アップデートが自動的に始まってしまったことでiPhoneが対応できなくなってしまったことでリンゴループに陥ったのではないか?

という事はデバイスの故障やシステムの破損がもんだいではないので、iPhoneの不要なアプリやデータを削除して容量を増やせばiPhoneは通常通り動くのではないか?ではあとはiPhoneが起動さえできれば削除できるのではないかという事です。

この仮説をもとに起動するために復旧するためのツールを探しました。困ったトラブルがあればそれを解決する業者さんがいる、でも業者に頼むと莫大な修理費用が掛かる。その莫大な修理費用を書けたら直るという事は直すアイテムがあるということ。僕のお小遣いでもそのアイテムを使えないかと探して探して、

youtubeやブログや口コミを読み漁ってたどり着いたのがこの2つです

■ワンダーシェア―社の【Dr.Fone】
※実際にボクが使ったのはDr.Foneを使って回復しました。
※FIMORAなどの動画編集ソフトで有名な会社です

ちなみにどちらも無料ダウンロードがありますが、リンゴループを回復させるには有料でしか修理はできません。
有料といっても5,000円未満、大切なデータを消さないためにも背に腹は代えられなかった。ソフトバンク行っても機種変更しても、アップルストアに行くために交通費使っていってもお金がかかるのであれば、僕にとってはこれぐらいは安い買い物でした。

iMyFone Fixppo®(フィックスポー)
Dr.Foneと同じようにスマホの修復ソフトです。合わせて紹介しておきます。

■【Dr.Fone】 ワンダーシェア―社

ワンダーシェア社のYOUTUBEにも修復ソフトDr.FONEのことがありましたので合わせて掲載しておきます。↓

このソフトはWondershareが発売している
iPhoneの復元ソフトです。

データを損失することなく、
リンゴループや起動できない状態から
iPhoneを復活させることができるソフトです。

また、万が一消えてしまったデータも
このソフトを利用することで
復元が可能となっています。

①リンク先のワンダーシェアの公式ページからユーティリティソフトを選択

②その中にあるDr.Foneを選択して無料ダウンロードから進む

③ダウンロードしたソフトをインストール

④インストールしたDr.Foneのソフトを起動して【起動障害から修復】を選択する

⑤起動したらスタンダードモードを起動します。

アドバンスモードは起動しないことデータが消える修復が始まってしまうので注意してください。

IOSもアンドロイドもこのソフトで修復可能です!!

あとはiPhoneとパソコンをケーブルで接続して診断と修復をDr.Foneが行ってくれます。無料なのは診断までです。修復は有料ですが、ボクはこの有料版で完璧に修復されました。

iMyFone Fixppo(フィックスポー)

  • ワンクリックでリカバリーモードを起動&解除 
  • iOSアップデート失敗やリンゴループ、フリーズ、起動障害など100種類以上の問題を修復
  • パスコード不要、数ステップでiOSデバイスをリセット 
  • 専門知識やスキルは不要、初心者でも簡単にトラブルからデバイスを修理
  • すべてのiPhone/iPad/iPodをサポート(iPhone 13シリーズ / iOS 15まで対応)

➤iMyFoneの公式ページの上部に【ユーティリティ】を選びその中の【Fixppo】を選んでください。これがリンゴループやiPhoneトラブルを解決してくれるソフトです。

ボクはこちらのiMyfoneを選びました。その理由は価格と使いやすさ、パソコンとiPhoneを充電ケーブルでつなげば数回のクリックで診断から復旧まで自動的に進めてくれるという簡単さがこれを選ぶきっかけになりました。実際20分ほどの作業時間でiPhoneはホーム画面に進むようになりました。

復活したら即いらないアプリや写真データを削除しました

復旧後iPhoneの容量を確認すると256ギガ中243ギガ使用しており、その大半が写真データでした。即いらないデータを削除して、写真データをGoogleフォトに流し込んで容量と写真の安否を確保しました。

ここまでかかった時間は約7時間。休み一日をほぼ飛ばしましたが、何とかデータの初期化だけは免れました。

リンゴループの地獄に陥らない為に

最後に重要なことですが、そもそもリンゴループに陥らない為にも日々の習慣が大事です。

悪夢が再びやってこない為に、

①データは常にバックアップを取る

②iPhoneの容量は余裕をもって使う

③PC版クラウド版のバックアップツールを活用する。

■さいごに

もしiPhoneが回復するお役に立てればと思いブログにまとめました。

といってもそもそもリンゴループに陥らない為に日々の習慣がリンゴループにならない行動ですので、余裕をもってiPhoneを使いましょう。

バックアップをこまめに取る

容量に余裕をもって利用する

日々の習慣が大事ですね。いっちょやろう!!

最後までご覧いただきありがとうございました。グラフルでした。

投稿者プロフィール

グラフル
はじめましてグラフルと言います。
■会社員/2児パパ■タイプ/コツコツ■好きな言葉/人生は自分のために■料理/学ぶこと/DIY/自己投資■夢/自由なマインドで起業家になる■失敗をバネに現在不自由ない生活を驀進中。
Twitter  https://twitter.com/home
LINE https://lin.ee/qUzKVl6